• Sumiko Tanaka

披露宴のBGMをCD音楽ではなく、生演奏にすると効果的な2つのポイント!!!

9月・10月・11月にご披露宴予定で

余興に生演奏の演出を考えている

新郎・新婦様






生演奏の演出効果としていちばん

分かりやすいのは、華やかさと高級感

演出できることです。


高級感を出すため、まず始めに考えつくのが

お料理のグレードアップ!!

次にお花のボリュームアップなどが

あると思いますが、考慮する中に

ぜひ生演奏も入れてみてください。


そうすると......


1、雰囲気をがらりと変えられます!!!


生演奏はCD音楽とは違って、

その場の雰囲気や空気、タイミング

に合わせて音楽のアレンジができる

のが魅力のひとつです。



ケーキ入刀や乾杯など「ここから明るい雰囲気にしたい!」

というご要望にしっかりと応えられます。


CDと生演奏を組み合わせて

利用されるのもお勧めです。


例えば

おふたりが入場するまでの迎賓は

生演奏で歓迎のムードを作り

入場のタイミングでお二人の思い出の

映画音楽に切り替えてドラマティックに! 


入場するゲストの皆様には、





「わぁ!! いい雰囲気だね。」


とゴージャス感をお楽しみいただけたます。


ケーキ入刀、乾杯、中座の場面は生演奏で、

それ以外はCD音楽でと使い分けしてもらうことで、

披露宴にメリハリがつくので、

そういった効果も生演奏にはあると思います。



2、お二人だけのオリジナリティを

  演出しやすい!!!


生演奏はオリジナリティ感を出すのにも効果的です。


例えば

クラシックの曲(パッヘンベルのカノン)

をジャズ風に演奏。





ディズニーの曲(星に願いを)

をピアノソロでバラード調に演奏など、

まだまだ、たくさんあります。


アレンジできるのも生演奏ならではです。


昨年はドラクエがご縁で結ばれた

お二人のご要望で歓談の時間は

ドラクエ(ゲーム)の曲をアレンジして

演奏致しました。


(これは、かなり奏者泣かせでしたが.....笑)


でも、生演奏ならではのエピソードです。







3、まとめ

「感動の場面に音楽はなくてはならねい」といっても

言い過ぎではないくらい、

素敵な結婚披露宴を作り上げる上で

音楽は欠かせないアイテムです。


ゲストの顔ぶれや予算に合わせて

編成や曲目も変わりますし、

どんなテーマで、どんな音楽や演奏がいいのかは、

プロに相談するのが一番の近道だと思います。


生演奏にすると効果的な2つのポイント


①披露宴の雰囲気をがらりと変えられる。

②お二人だけのオリジナリティが演出出来る。


ご理解いただけましたか?




それでは、次回は

結婚式のテーマ別に、

どのような生演奏のユニット、ジャンル

がおすすめかをご紹介します。


















8回の閲覧